FC2ブログ

でっきめも

DM,VG,WS,WX,YGをつらつらと

2018.02.16 NZゼニス

card100011665_1.jpg
まだまだ強化は続きそう

お久しぶりです。1年ぶりですね。

なんだかんだグランセクトのパワー12000以上関連のサポートのおかげで毎段地道に強化の続くゼニスです。

しかし新しい仲間はグランセクトじゃないアイツ

2018.02.16 NZゼニス
2018.02.16NZゼニス

以前から変わらずブーストしてゼニスを出すデッキ。

以前との変更点
■《ボント・ブラントボ》
2種類目の《フェアリー・クリスタル》のように使えるカード。パワー12000以上のカードは21枚入ってるので約半分の確立で2ブーストできます。
無色は25枚入っているため3ターン目に打つ優先順位は《フェアリー・クリスタル》の方が上。

■《コレンココ・タンク》
以前は《剛撃古龍 テラネスク》であったが《ボント・ブラントボ》の登場によりパワー12000である《コレンココ・タンク》へ。
やってることは一緒です。

2018y02m16d_225410789.jpg

■《オブ・シディアDG》
新入り。ゼニスより若干早く動けるクリーチャーということで採用。
一応自分からSTでの《ゼニス・クラッチ》発動を狙いに行けるのはもちろん真価を発揮するのは《「俺」の頂 ライオネル》とのコンボ!
運が良ければ相手ターンに《「祝」の頂 ウェディング》が召喚され手札と盤面を制圧しタイムラグなく《「祝」の頂 ウェディング》のTBまでいけるようになりました。
無色なため《フェアリー・クリスタル》のヒット率を下げないし若干ながらもビートダウンデッキ相手への勝率も上がりました。

■《戦慄のプレリュード》
今までのこのカードはゼニスを単体で出しても《「俺」の頂 ライオネル》ではリソースを回復できないため,採用を見送っていました。
しかし《オブ・シディアDG》に対して使用することで失った分のアドバンテージを《オブ・シディアDG》が回復してくれるため非常に相性がよく,以前の他の大型ゼニスの早期召喚以外にも積極的に狙いに行きたいルートになりました。
《フェアリー・クリスタル》or《ボント・ブラントボ》の2ブースト→《戦慄のプレリュード》+《オブ・シディアDG》という最速ルートが低確率ながら存在し,防御を固めながらゼニス召喚までの時間稼ぎルートは強力です。

抜けたカード
■《「獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ》
やってることが《オブ・シディアDG》と同じなためそんまま入れ替わりました。

■《「智」の頂 レディオ・ローゼス》
そもそも今のデュエルマスターズは5枚ハンデスしたい相手もいないのとシノビの入っていないこの構築では5枚ドローしたカードを使いきれないため不採用

■《剛撃古龍 テラネスク》
やってることが同じならアタックできないデメリットがあってもパワー12000の《コレンココ・タンク》を使うよね。

次年度でもグランセクトが続投ということでまだ1年間おこぼれ強化を貰えるゼニス。
是非皆さんお試しあれ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://freedomdmlife.blog89.fc2.com/tb.php/1192-beb0331c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やなー

Author:やなー
名古屋在住のDM、WS、遊戯プレイヤーです。
リンクは自由ですがする場合はコメントをよろしくお願いします。

twitter

    follow me on Twitter

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最近のコメント

    カテゴリー

    FC2カウンター

    ブログ内検索

    Template by たけやん