スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DM】中部CS使用デッキ ~ゴエモンキー型Nエクス~

中部CS使用デッキ ~ゴエモンキー型Nエクス~

今更ながらGW中の5月の4日に開催された中部CSで使用したデッキです。

《霞み妖精ジャスミン》 4
《フェアリー・ライフ》 4
《セブンス・タワー》 4
《天真妖精オチャッピィ》 2
《龍仙ロマネスク》 1

《蛇手の親分ゴエモンキー!》 3
《ボルバルザーク・エクス》 4
《黙示賢者ソルハバキ》 2

《超竜バジュラズテラ》 1
《光神龍スペル・デル・フィン》 1
《ダイヤモンド・ソード》 1

《フォーチュン・スロット》 2
《サイバー・N・ワールド》 3

《光牙忍ハヤブサマル》 1
《超鯱城》 2
《ドンドン吸い込むナウ》 4
《スパイラル・ゲート》 1

まず中部CS時の環境でメタの中心だったのはNエクス系統、赤緑(赤緑黒)系統、青黒白(青黒)ハンデス辺り。

相性的にNエクス、赤緑が多く、ハンデス系統が少数いる読みの環境。

デッキの相性的に赤緑には基本不利がついてたためまず第一にブーストし、エクスの召喚まで間に合わせることを目的としブーストの枚数は14。後攻でもブースト+トリガー1枚で何とか速度的に追いつけるようにしてある。

ドローソースが少なめなのは1本戦な都合上同系の場合相手が先に《サイバー・N・ワールド》を召喚するタイミングの見極めが難しいため、相手が先にプレイしてくることが多いこと、赤緑系統はシールドを割ってくるため手札が増えやすいこと、の2点からから少し枚数は抑え目にし、その分ブーストに枚数を割いてます。

《超鯱城》はマナブーストの間に挟みながら張れること。《フォーチュン・スロット》から手札に加えれること、枚数が少なめになりがちで貴重な単色で赤マナを用意できる、の3点が採用理由となります。

《ダイヤモンドソード》《永遠のリュウセイ・カイザー》を採用していない為、大量展開から召喚酔いなくアタックできるカードが《ボルバルザーク・エクス》4枚、《超竜バジュラズテラ》1枚の計5枚しか採用されていないため。展開からアタックまでタイムラグが発生しやすいこと。大会形式的に最悪無理やりに相手のシールドを割りに行けるカードを採用したかったこと、から採用です。
実際大会中で掘りにいったのに毎回シールドに埋まって使えなかったのはないしょで(笑)

とりあえず反省点としては相手の《サイバー・N・ワールド》の返しのターンという最大のチャンスでリセット後の手札が《フェアリー・ライフ》2枚、《霞み妖精ジャスミン》2枚、《セブンス・タワー》っていうマナブーストのみの手札になり何もできずターンを渡し、返しに殺されたこと。

辺りですかね。結果としては予選は2-1の盾7枚でBトーナメントへ。
Bトーナメントは1回戦 不戦勝
2回戦 Nエクス 勝ち
3回戦 Nエクス 勝ち
4回戦 赤緑黒ビート 負け

っていう俗にいう養分でした。

敗者は語ることないのでこれぐらいで。

改めてPGは入賞おめでとうっ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やなー

Author:やなー
名古屋在住のDM、WS、遊戯プレイヤーです。
リンクは自由ですがする場合はコメントをよろしくお願いします。

twitter
    follow me on Twitter
    リンク
    最近のコメント
    カテゴリー
    FC2カウンター
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。