スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超次元フェアリー・ホールについて熱く語ってみる

最初期に登場した5コスト超次元呪文サイクルの中でも屈指の汎用性の高さをほこる超次元フェアリー・ホール。

出せる選択肢について考えてみようと思いますね。

まずは効果から

《超次元フェアリー・ホール》
5コスト 呪文 自然文明
■自分の山札の上から1枚目を自分のマナゾーンに置く。
■次のいずれかひとつを選ぶ。
・自分の超次元ゾーンから好きな数のサイキック・クリーチャーをコストの合計が5以下になるように選び、バトルゾーンに出す。
・コスト7以下の自然のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは自分の山札に集めず、自分の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す) 


発売当初は出せるサイキック・クリーチャーの選択肢が《時空の剣士アクア・カトラス》《時空の花カイマン》を中心とした5コストサイキックサイクル、《時空の剛腕ジャパン》しか存在せず基本的に5コストサイキックサイクルを使うデッキ(当初は効果の相性が良かったため《ラッキー・ダーツ》を使用したデッキが一番多かった。)でのみ採用されていました。

そして参加賞パックがリニューアルされパックからの先行収録で《時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン》が登場しここで評価が一気に上がります。何せサイキックの弱点であったバウンスに耐性をつけれる(もちろん自身にも効かない)WBが出せるマナブースト呪文になりましたからね。


それ以降大型のフィニッシャーは出せないものの小回りの利くカードが自然文明の中型サイキックで非常に多く登場し来週発売の新弾まで入れると

ATでのドローソース→《時空の剣士アクア・カトラス/青藍の覚醒者アクア・エクスカリバー》
ATでのマナブースト→《時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター》
サイキックにバウンス耐性付与→《時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン》
選ばれない小型アタッカー→《時空の英雄アンタッチャブル》
小型ブロッカー→《時空の踊り子マティーニ》《アクア・カスケード〈ZABUUUN・クルーザー〉》《アルプスの使徒メリーアン》
中型ブロッカー→《シルバー・ヴォルグ》
火力→《ブーストグレンオー》(基本2500火力)、《サンダー・ティーガー》(2000マイナス)
マナ回収→《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》(ターン終了時)
マナブースト→《魂の大番長「四つ牙」》(ターン開始時)
呪文のコスト増加→《イオの伝道師ガガ・パックン》(相手のみ+1)
トリガーメタ(?)→《ハイドラ・ギルザウルス》(Sトリガー、ニンジャ・ストライクに反応し1マナランデス)
スピードアタッカー→《勝利のガイアール・カイザー》(登場ターンのみアンタップクリーチャーに攻撃可能)
パンプ→《激相撲!ツッパリキシ》
アタック&ブロック封じ→《勝利のプリンプリン》


の中から自分のデッキに合う役割のカードを採用することができます。

他の超次元呪文ではマナブーストとマナ回収を同時に行えるのはありませんし。マナブーストして7コスト域へとつなぎながらバウンス耐性付きWBを出せるのは非常に強力です。

このように《超次元フェアリー・ホール》は強力なカードが多い7コスト域へとつなげる潤滑油として非常に優秀で、派手さはないものの堅実な動きを行えるカードです。

デッキの主軸として使われることはあまり無いでしょうが様々なデッキで活躍してくれる縁の下の力持ちなカードです。Nエクスや紅蓮ゾルゲ等マナブーストからの大量展開を支えるこのカード、派手さはないものの多くのデッキを影ながら支えてくれるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やなー

Author:やなー
名古屋在住のDM、WS、遊戯プレイヤーです。
リンクは自由ですがする場合はコメントをよろしくお願いします。

twitter
    follow me on Twitter
    リンク
    最近のコメント
    カテゴリー
    FC2カウンター
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。