【DM】紅蓮ゾルゲについて分析してみる その3~ドローソース編~

最初に第1回、第2回へのリンクを張っておきます。
同時に見てもらい参考にしてもらえれば幸いです。
【DM】紅蓮ゾルゲについて分析してみる その1~マナブースト編~
【DM】紅蓮ゾルゲについて分析してみる その2~コンボパーツ編~

まずは前回と同じく参考データでも

まずは新殿堂CS優勝のニンニクマン様の紅蓮ゾルゲです。
http://shindenndou.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

《黙示聖者ソルハバキ》×4

《光牙忍ハヤブサマル》×1
《スローリー・チェーン》×3
《ドンドン吸い込むナウ》×4

《サイバー・N・ワールド》×4

《超次元フェアリー・ホール》×4
《超次元ムシャ・ホール》×3

《掘師の銀》×2
《フェアリー・ライフ》×4
《セブンス・タワー》×4

《ボルバルザーク・エクス》×4
《偽りの名 ゾルゲ》×4




《遊びだよ!切札一家なう/カレーパン・マスター 切札勝太》
《ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー》×4
《魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
《紅蓮の怒 鬼流院 刃/《バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
《超次元ストームG・XX/《超覚醒ラスト・ストームXX》



次に東海CS午前の部優勝のうつなひと様のレシピですね
http://d.hatena.ne.jp/utunahito/20120306
《光牙忍ハヤブサマル》×1
《ドンドン吸い込むナウ》×4

《パクリオ》×4

《エナジー・ライト》×3
《サイバー・N・ワールド》×2

《蒼狼の始祖アマテラス》×1

《超次元ボルシャック・ホール》×2
《超次元フェアリー・ホール》×4

《フェアリー・ライフ》×4
《霞み妖精ジャスミン》×4
《天真妖精オチャッピィ》×2
《セブンス・タワー》×2

《陰陽の舞》×3
《偽りの名 ゾルゲ》×4




《紅蓮の怒 鬼流院 刃/《バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
《ヴォルグ・サンダー/《雷獣ヴォルグ・ティーガー》×4
《魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
《遊びだよ!切札一家なう/カレーパン・マスター 切札勝太》
《タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー》




次に東海CS午前の部4位の時点での社長さん
http://d.hatena.ne.jp/syatyo1231/20120304/1330865182

《光牙忍ハヤブサマル》×1
《スローリー・チェーン》×3
《ドンドン吸い込むナウ》×4

《フェアリー・ライフ》×4
《セブンス・タワー》×4

《超次元フェアリー・ホール》×4
《超次元ムシャ・ホール》×2

《陰陽の舞》×4
《偽りの名 ゾルゲ》×4

《サイバー・N・ワールド》×4

《永遠のリュウセイ・カイザー》×3
《ボルバルザーク・エクス》×3




《紅蓮の怒 鬼流院 刃/《バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
《ヴォルグ・サンダー/《雷獣ヴォルグ・ティーガー》×4
《魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
《遊びだよ!切札一家なう/カレーパン・マスター 切札勝太》
《タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー》



さらに午後の部優勝の時点での社長さん

《光牙忍ハヤブサマル》×1
《スローリー・チェーン》×3
《ドンドン吸い込むナウ》×4

《フェアリー・ライフ》×4
《セブンス・タワー》×4

《超次元フェアリー・ホール》×4
《超次元ムシャ・ホール》×2

《陰陽の舞》×4
《偽りの名 ゾルゲ》×4

《蒼狼の始祖アマテラス》×1
《サイバー・N・ワールド》×4

《永遠のリュウセイ・カイザー》×2
《ボルバルザーク・エクス》×3




《紅蓮の怒 鬼流院 刃/《バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
《ヴォルグ・サンダー/《雷獣ヴォルグ・ティーガー》×4
《魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
《遊びだよ!切札一家なう/カレーパン・マスター 切札勝太》
《タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー》


となっています。

ではドローソースの枚数を見ていきましょうか。

まずはニンニクマン様から
《ドンドン吸い込むナウ》×4
《サイバー・N・ワールド》×4


次にうつなひと様
《ドンドン吸い込むナウ》×4
《エナジー・ライト》×3
《サイバー・N・ワールド》×2
《超次元フェアリー・ホール》×4)


そして社長様(東海4位)
《ドンドン吸い込むナウ》×4
《サイバー・N・ワールド》×4
《超次元フェアリー・ホール》×4)


同じく社長様(東海優勝)
《ドンドン吸い込むナウ》×4
《サイバー・N・ワールド》×4
《超次元フェアリー・ホール》×4)

※超次元ゾーンに《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》にアクセスできるカードも《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》の効果で手札が増えるためドローソースと計算します。

基本的には白型、普通のシータ型問わず防御にも使える《ドンドン吸い込むナウ》×4+《サイバー・N・ワールド》×4が基本となっているようですね。

うつなひと様のレシピは同系を意識した構築となているため相手にも手札を与えてしまう《サイバー・N・ワールド》の枚数が2枚と少なく相手を選ばずマナブーストの間に細かく使用することのできる《エナジー・ライト》を採用されていますね。

さらにうつなひと様、社長様のレシピだと《ドンドン吸い込むナウ》にアクセスすることのできる《蒼狼の始祖アマテラス》も採用することにより状況の変化に対応しやすく、さらに《超次元フェアリー・ホール》から《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》を出すことによって手札を増やすことができたりとドローソース回りが少し多くなってますね。

基本的に超次元ゾーンに自由枠が少ない紅蓮ゾルゲで《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》の有無は大きな差異でしょう。

しかし紅蓮ゾルゲは純粋に手札を増やすことのできるカードが《サイバー・N・ワールド》《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》ぐらいしかなく序盤のブーストのため手札が枯渇しやすくハンデスをタイミングよく行うことで大きくテンポをずらすことができるのではないのかと思いますね。

《サイバー・N・ワールド》の出る直前にピンポイントハンデスで引き抜く又は出した返しに《ロスト・ソウル》等で増えた手札を一気に叩く事ができればだいぶ優位に立ちやすくなるのではないのでしょうか?

次回は防御手段についてみていきたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やなー

Author:やなー
名古屋在住のDM、WS、遊戯プレイヤーです。
リンクは自由ですがする場合はコメントをよろしくお願いします。

twitter
    follow me on Twitter
    リンク
    最近のコメント
    カテゴリー
    FC2カウンター
    ブログ内検索