スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新殿堂予想

2/15発売のコロコロコミック3月号で新殿堂カード4種が発表される。とのことなので予想してみますね。

予想が当たるかはわかりませんけど




プレミアム殿堂カード

■エンペラー・キリコ

■母なる紋章

■光牙忍ハヤブサマル

殿堂カード

■ヴォルグ・サンダー




辺りかな。と予想してみます

以下理由でも

■エンペラー・キリコ
多分最も多くの人がプレミアム殿堂カードとして予想したであろうカード
出しただけで3アドバンテージは確定しそこからのボルバルザーク・エクス、復活の祈祷師ザビ・ミラ等の効果で一気にゲームエンドまで持っていくことのできるカードであり今年のビクトリー1の決勝大会でもレギュラーでは8人中6人が使用しデッキパワーを見せつけています。
プレミアム殿堂になっても誰も文句を言う人はいないでしょう。

■母なる紋章
前回、覚醒編ではサイキッククリーチャーをメインにした弾で超次元呪文を中心とした環境になっていてこれを変えるため最近では通常のクリーチャーで能力が強力なものやサイキッククリーチャー相手だと火力が上がるカード、ヴォルグ・サンダーや流星のフォーエバー・カイザー等サイキッククリーチャーや超次元呪文へのけん制になるカードが増えてきています。
そのためボルバルザーク・エクスや復活の祈祷師ザビ・ミラ、永遠のリュウセイ・カイザー、偽りの名 ゾルゲなどの強力な通常クリーチャーをコストを踏み倒して召喚できるこのカードの強さは比例して強くなってきていますし今回のプレミアム殿堂候補の1番手、エンペラー・キリコを使用したデッキのキーカードでもあることからプレミアム殿堂になるのではないのか?と予想します

■光牙忍ハヤブサマル
前環境(まだ今環境か)を考えるとちょっと微妙かな?とは思いますがどんなデッキにも文明の縛り関係なく採用することができる汎用性の高さ、対ビート性能を考えるとビートダウンを流行らせたいタカラトミーとしては癌なのではないのか?と思うわけです。
事実前回のプレミアム殿堂の候補にシノビの規制強化というパターンもあったらしい(確定のソースは無い)ですし自分は今回のプレミアム殿堂カードの候補に挙げました。

■ヴォルグ・サンダー
1枚なら妥当な強さなカード、しかし復活の祈祷師ザビ・ミラからの大量召喚、超次元ゾーンに4枚積んでの連打等はDMというカードゲームのゲーム性を否定する戦略(過去のデッキ破壊カードはすべてプレミアム殿堂カード)だと思い殿堂カードの候補に挙げてます。
復活の祈祷師ザビ・ミラ単体はサイキッククリーチャーの戦略を広げる良いカードですし1枚のヴォルグ・サンダーを使いまわすならデッキの戦略としても妥当な所になると自分は思いますし。現裁定では可能なゾルゲループへの抑止力としても殿堂カードにするべきではないのかと思います。

とりあえず挙げるなら。ということだと自分はこの4種を挙げましたがサイバー・N・ワールド、超次元バイス・ホール、ボルバルザーク・エクス、復活の祈祷師ザビ・ミラ、超覚醒ラスト・ストームXX、邪神M・ロマノフ辺りが引っ掛かると予想する人も多そうですね。

個人的に言うとボルバルザーク・エクスは発売から半年たっていないのとフルホイルパックのハンターにほかの目玉カードが無いことから殿堂にはならないと思うんですよね…

あと復活の祈祷師ザビ・ミラ殿堂もあまりなさそうな気がしますね。ヴォルグ・サンダー大量展開ができなくなれば相対的に弱体化しますしこのカードの存在はコスト6以下のサイキック・クリーチャーの可能性を広げる優良カードだと思いますし。

正解は近いうちに出ますし新環境も楽しんでいきたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やなー

Author:やなー
名古屋在住のDM、WS、遊戯プレイヤーです。
リンクは自由ですがする場合はコメントをよろしくお願いします。

twitter
    follow me on Twitter
    リンク
    最近のコメント
    カテゴリー
    FC2カウンター
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。