スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【VG】 WFG名古屋大会使用デッキ

WFG名古屋大会の使用デッキです。


G1
《神鷹 一拍子》 1(FV)

《ビクトリー・メーカー》 2(引)
《ミラクル・キッド》 1(引)
《ドリーム・イーター》 1(引)
《サイキック・バード》 4(☆)
《オラクルガーディアン・ニケ》 2(☆)
《E・アラーマー》 2(醒)
《ロゼンジ・メイガス》 4(治)

G1
《湖の巫女 リアン》 2
《バトルシスター ばにら》 4
《三日月の女神 ツクヨミ》 4
《オラクルガーディアン ジェミニ》 4
《バトルシスター しょこら》 2

G2
《オラクルガーディアン レッドアイ》 2
《オラクルガーディアン ワイズマン》 4
《半月の女神 ツクヨミ》 4

G3
《満月の女神 ツクヨミ》 1
《シュティル・ヴァンピーア》 2
《CEO アマテラス》 4

G0 17
G1 16
G2 10
G3 7

説明は追記からね
基本的な構築はツクヨミ型オラクルに《シュティル・ヴァンピーア》を採用した構築。

《シュティル・ヴァンピーア》自体能力は強力なのにかかわらず効果の関係上採用率が低く初見殺しとしての制圧力が高く、場合によっては詰みまで見える程の強力なエンドカードなりえるカードではあるためこのカードのフルブラストを狙う構築となっている。

《シュティル・ヴァンピーア》が効果の起動にソウル8枚、カウンターブラスト5枚という莫大なコストがかかるためソウル8枚をいかに貯めるかを意識しなくてはならなく移動系のFVとの相性がソウルが貯まらないという都合上悪くG2までライドが成功すればソウルを増やすことができるツクヨミセット、ソウルチャージ系G3の中でもトップレベルの強力な効果を持つ《CEOアマテラス》を採用する形になり自然とオラクル・シンクタンクメインの構築となることになった。

トリガー配分は引4:☆6:醒2:治4

別に☆8枚でもよかったんだけれどフィニッシャーである《シュティル・ヴァンピーア》と覚醒トリガーの相性がいいんだよね。
前半にツクヨミセットでボトム、《CEOアマテラス》でデッキトップ操作出来るからプレイングで覚醒も狙いやすいため相手の意表をつけるように2枚だけ採用

《サイキック・バード》は手札を減らさずソウルを増やすことができ非常に相性も良いクリティカルトリガーである。

カードがばらけてるのは相手にトリガーの枚数を把握しづらくするため。枚数ばらけさせると尚更覚醒トリガー意識しづらくできるからってのもあったりね

次にG1であるがメインであるツクヨミセットの《三日月の女神 ツクヨミ》は確定枠であり他の枠に事故防止に《湖の巫女 リアン》、ソウルを増やす構築のため《バトルシスター ばにら》の採用はすんなり決まり残りにアタッカーとしても最悪殴れる《オラクルガーディアン ジェミニ》と確定ガードとして《バトルシスター しょこら》の計16枚となっている。

最悪《シュティル・ヴァンピーア》がVになる可能性がありその時完全に事故札になる可能性のある《バトルシスター しょこら》は2枚と少な目になっており、《シュティル・ヴァンピーア》の場合でも安定して防御に使うことのできる《バトルシスター ばにら》を多めという混クラン故の採用枚数となっている。

次はG2帯

最初は《サイレント・トム》を採用して《シュティル・ヴァンピーア》が絡むとG1しかガードできませんって場面を狙っていこうと思ったんだけれどいかんせんブースターが安定しない。

8000ブースターを安定して後列におけるかもわかんないので《サイレント・トム》を16000ラインまで持って行き辛かったんだよね。そのため全部抜いて順調にライドできればソウル2枚貯めれる《半月の女神 ツクヨミ》と安定した打点を誇る《オラクルガーディアン ワイズマン》にソウルチャージ可能ということで《満月の女神 ツクヨミ》、《シュティル・ヴァンピーア》をサポートすることができる《オラクルガーディアン レッドアイ》という形になった

最後にG3.枚数比率としては《CEOアマテラス》4:《シュティル・ヴァンピーア》2:《満月の女神 ツクヨミ》1という7枚

基本的にはヴァンガードには《CEOアマテラス》でソウルを貯めつつデッキトップ操作しながらリアガード《シュティル・ヴァンピーア》のフルブラストを狙う形である。
人によってはなんで《満月の女神 ツクヨミ》が1枚なの?という人もいると思うがこのデッキではフルブラストを狙うためカウンターブラストを使用できないという構築のため《満月の女神 ツクヨミ》にライドしても手札交換能力が基本使えない為、万が一《三日月の女神 ツクヨミ》、《半月の女神 ツクヨミ》がソウルに揃っていない状態でライドした場合ソウルに上記2種を置けるカードが《オラクルガーディアン レッドアイ》2枚のみと少ないということでライド事故した場合でもライドできる期待値を上げる。手札にG3がいなくても何とかなる、という可能性を上げる為1枚のみの採用となっている。

プレイングとしてはいかに相手に《シュティル・ヴァンピーア》の存在を意識させずに5点ダメージを受けれるか、という所

多分2,3試合に1回はヴァンガードの攻撃を通し、5点目のダメージを受けないといけないタイミングがあると思うがツクヨミのデッキボトム操作でヒールトリガーのある場所を把握し、クリティカルが乗ってた場合でもケア可能。という状況に持ち込みたいが毎回可能というわけではないので時にはヴァンガードの攻撃を通す度胸も必要だったり

幸いVGの公式は1本戦のため《シュティル・ヴァンピーア》を使って初見殺ししてしまえば良いのである

じゃあなちゃーはん・へ・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やなー

Author:やなー
名古屋在住のDM、WS、遊戯プレイヤーです。
リンクは自由ですがする場合はコメントをよろしくお願いします。

twitter
    follow me on Twitter
    リンク
    最近のコメント
    カテゴリー
    FC2カウンター
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。