スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯】ゲートHEROダメージ表

自分の中でダメージ量を整理したかった

  ~《E・HERO ボルテック》絡み~
■《E・HERO ボルテック》→《E・HERO エアーマン》
1000+1800の計2800ダメージ。
この動きの利点はダメージステップ中に《E・HERO エアーマン》を特殊召喚できることにより《奈落の落とし穴》にかからず《E・HERO エアーマン》の効果で相手の伏せカードを比較的安全に破壊することができるのが最大の利点。
この動きからだと《超融合》等での追加攻撃へと繋げれること

■《E・HERO ボルテック》→《E・HERO プリズマー》
1000+1700の計2700ダメージ。
基本的に墓地が充分超える前に《ミラクル・フュージョン》を使用した場合等で墓地にHEROが少ない場合に利用するパターン。
ワンチャン伏せてある《E・HERO ボルテック》で反射ダメージを与えることができた場合やることが多かったり。
この動きの最大の利点はMF2でエクシーズすることにより《E・HERO ボルテック》1枚から《ダイガスタ・エメラル》+《E・HERO ネオス》の盤面へと変えることができること。一応2700ダメージを与えたのち1800、2500が並ぶ場を作ることができること

■《E・HERO ボルテック》→《E・HERO オーシャン》
1000+1500の計2500ダメージ
この動きの強みとしては《E・HERO オーシャン》の効果を使わせないように相手を動かすことができること、どっちかが破壊されても《ミラクル・フュージョン》により《E・HERO アブソルートZERO》で無理やり動いてきた相手を返すことができること、《マスク・チェンジ》からの《M・HERO アシッド》で相手の伏せに干渉できること、の3つが主な利点
基本的には《E・HERO オーシャン》を効果を発動させないように基本動いてくるので無理やり動いてきた相手を返していく。っていうのがメインの動きになりますね。

■《E・HERO ボルテック》→《E・HERO ネオス》
1000+2500の《E・HERO ボルテック》絡みでは最高打点となる計3500ダメージ
この動きの強みは何といっても瞬間で3500打点を与えることができることにつきますね。
《E・HERO ネオス》を召喚するパターンはこのパターンと《ダイガスタ・エメラル》が絡んだ場合ぐらいなんですよね。

出して旨みがあるパターンは基本この4パターンかな。
盤面に依存せず安定して強いのが《E・HERO プリズマー》ルート
相手を無理やり動かせるのが《E・HERO オーシャン》ルート
瞬間打点を作るなら《E・HERO ネオス》ルート
アドバンテージを稼ぎに行く場合は《E・HERO エアーマン》ルート

っていう形が基本ですね

  ~《E・HERO バブルマン》絡み~
基本的に手札が0枚なので《超融合》が絡めづらいルート(一応サーチカードを挟むことにより《超融合》を絡めることが可能)

■《E・HERO バブルマン》+《マスクチェンジ》
800+2600の計3400ダメージ
この動きは《E・HERO バブルマン》さえ通れば《M・HERO アシッド》の効果により他のモンスターの攻撃を通しやすくなるのが利点

■《E・HERO バブルマン》+レベル4HERO+墓地に《E・HERO ネオス》
1800+2500の計4300ダメージ
《E・HERO バブルマン》を特殊召喚しレベル4HEROを通常召喚しエクシーズから《ダイガスタ・エメラル》を特殊召喚し、効果で墓地の《E・HERO ネオス》を特殊召喚することによりこの打点を用意可能。
レベル4HEROの枠は《E・HERO プリズマー》だった場合自身の効果で《E・HERO ネオス》を墓地に送ることができるため比較的早いターンからこの状況を用意することができる

■《E・HERO バブルマン》+《E・HERO ボルテック》以外のレベル4HERO
2200×2で計4400ダメージ
《E・HERO バブルマン》と他のレベル4HEROでエクシーズし《機甲忍者ブレード・ハート》を出すことにより4400というモンスターのみで出すことのできる火力としては最大ダメージを用意できるのが強み
残念ながら《E・HERO ボルテック》は雷族なためエクシーズの素材にできないのが残念

《E・HERO バブルマン》ルートは手札が0枚の時に行くルートなので《フュージョン・ゲート》を絡めた動きが多くなりますね。

  ~《マスク・チェンジ》絡み~
■《マスク・チェンジ》+水属性HERO
《E・HERO オーシャン》からなら1500+2600の計4100ダメージ
《E・HERO バブルマン》からなら800+2600の3400ダメージ

特筆することは特に無いよね

  ~《フュージョン・ゲート》絡み~
■光属性モンスター+HERO
《E・HERO The シャイニング》の攻撃力分ダメージ(基本3200)
地味に5体除外されている場合は攻撃力が4100になるため2体《E・HERO The シャイニング》を並べ除外にHEROを5体用意出来れば1キル可能なのは覚えておきたい
■水属性モンスター+HERO
2500ダメージ
《フュージョン・ゲート》絡みの基本。攻めの《E・HERO The シャイニング》に守りの《E・HERO アブソルートZero》って形かな

  ~《超融合》絡み~
ディスアドバンテージは大きいが追加打点を用意し一気に1キル圏内まで持っていくことが可能な場合が多い
《超融合》が絡んだ場合1キルになるパターンは非常に多いので割愛で
■《E・HERO ボルテック》+《超融合》+他HERO
1000+2600+出したHEROの計3600+α
《E・HERO ボルテック》で除外されたHEROを特殊召喚し出したHEROでアタックしたあと《超融合》で追撃するパターン
比較的多く使用するルートで最後のゴリ押しに使うことが多い。この利点は先に《E・HERO ボルテック》でアタックする為攻撃反応系の罠、魔法への確認が行えること

■《E・HERO アブソルートZero》+《超融合》+他HERO
最低でも2500+2500の計5000ダメージ
この動きの利点は何といっても《冥府の使者 ゴーズ》、《トラゴエディア》をケアして5000ダメージを与えれること。

  ~1キルルート~
■除外に5体以上のHERO+《E・HERO The シャイニング》×2
4100×2の計8200ダメージ
最も基本となる1キルパターン。それに必要な条件は《フュージョン・ゲート》+手札又は場にHEROが5枚
基本的に《E・HERO アブソルートZero》を出した後《E・HERO アブソルートZero》を素材にし、《E・HERO The シャイニング》召喚しさらにもう1体《E・HERO The シャイニング》を追加すると相手の場のモンスターを一掃しながらワンキルが可能だったり
まぁハンド消費が激しく、積極的に狙うわけではないが派生でこのルートに入るパターンは多いので覚えておくことはすごい重要

■《E・HERO アブソルートZero》+攻撃力3800以上の《E・HERO The シャイニング》+攻撃力1700以上のモンスター
2500+3800+1700の計8000ダメージ
《冥府の使者ゴーズ》や他の手札誘発系カードで止まることまで考慮した場合のルート
場に《E・HERO The シャイニング》と《E・HERO アブソルートZero》が残るためより対処しづらい盤面の作り方となる

■《E・HERO プリズマー》+《E・HERO ボルテック》+《ミラクル・フュージョン》
1700+3200+1000+2500の計8400ダメージ
場が固定されるが1ターン《E・HERO プリズマー》を守り《E・HERO ボルテック》と《ミラクル・フュージョン》で《E・HERO ネオス》を除外しながら《E・HERO The シャイニング》を出すことで到達するルート
相手が《E・HERO プリズマー》を1ターン放置した場合狙う事があったり

 ~《超融合》さえあれば1キルになるルート~
基本的には5000ダメージ以上与えることができるならば追加《超融合》でワンキルになるので代表例をいくつか

■《E・HERO The シャイニング》+《E・HERO アブソルートZero》
最低2600+2500の計5100ダメージ

■《E・HERO アブソルートZero》+《E・HERO ボルテック》
2500+1000+最低1500(ボルテック以外のデッキ内に入っているHEROの最低攻撃力)の計5000
このパターンは《ミラクル・フュージョン》+《E・HERO ボルテック》の2枚で届くため割と低リスク
この動きの亜種として《E・HERO The シャイニング》+《E・HERO ボルテック》で
2900+1000+最低1500の計5400ダメージは保証できる
相手の《聖なるバリア-ミラーフォース-》や返しのターンの《ブラック・ホール》を警戒した場合は《E・HERO The シャイニング》
《冥府の使者ゴーズ》や《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》を警戒する場合《E・HERO アブソルートZero》
という使い分けになる
スポンサーサイト

【VG】ロイパラ軸マジェスティ

最近調整してるデッキ。

まだこれといったテンプレも無いしまだまだ改善の余地あるから調整しがいがあって面白いや




ロイパラ軸マジェスティ

G0 17枚
(FV)ういんがる・ぶれいぶ 1
(治)世界樹の巫女 エレイン 4
(☆)アラバスター・オウル 4
(☆)幸運の運び手 エポナ 4
(引)まぁるがる 4

G1 14枚
閃光の盾 イゾルデ 4
小さな賢者 マロン 4
湖の巫女 リアン 1
ブラスター・ジェベリン 1
友誼の騎士 ケイ 4

G2 14枚
忠義の騎士 ペディヴィア 4
スターコール・トランペッター 3
ブラスター・ダーク 3
ブラスター・ブレード 4

G3 5枚
爆炎の騎士 バロミデス 1
マジェスティ・ロードブラスター 4

続きを読む

【WS】緑赤黄シズルチア

ちょっと前に友達から教えてもらってなんだかんだで安定してる構築

やっぱり相打ち2種類積めるのと戦線維持が楽になるしレベル応援も積める欲張り構築やっ!




緑赤黄シズルチア

0レベル 15枚

《月明かりの下で 瑚太郎&篝》 4
《ドジっ子 ちはや》 1
《無愛想っ子 朱音》 2

《メイド服の静流》 1
《星を救うために ルチア》 2

《オカ研会長 朱音》 2
《上目遣いの静流》 2

1レベル 14枚

《迎撃する静流》 4
《戦闘服の静流》 1
《水着のちはや》 4

《ひまわり畑のルチア》 3

《ちびちはや》 1

《木漏れ日サイクリング》 1

2レベル 9枚

《初めてのデート ルチア》 3

《守りの包帯 ちはや》 2

《学園の魔女》 1
《ルチアVS静流》 3

3レベル 4枚

《此花ルチア》 4

クライマックス 8枚

《受け容れる力》 3
《二人きりの世界》 2
《仕返し》 3

1126




解説は続きからで

続きを読む

【DM】第4回おやつCS使用デッキ 黒緑速攻

第4回おやつCS使用デッキです




パワードホールエイリアン型黒緑速攻

《闇戦士ザビ・クロー》 4
《冒険妖精ポレゴン》 4
《スナイプ・モスキート》 4
《ねじれる者ボーン・スライム》 4

《死神術士デスマーチ》 4
《孤独の影ロンリー・ウォーカー》 4
《ジオ・ナスオ》 4
《無頼封魔アニマベルギス》 4

《超次元パワード・ホール》 4
《密林の提督ハックル・キリンソーヤ》 4

20(24)16(20)
超次元ゾーン

《遊びだよ!切り札一家なう!》/《カレーパン・マスター 切札勝太》
《時空の戦猫シンカイヤヌス》/《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》
《時空のハイド ジオ・マッチョ》/《時空のジキル ザビ・ガンマン》
《大関 地男の里》 2
《時空の探検家ジョン》/《冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン》
《ガチンコ・ピッピー》
《時空の英雄アンタッチャブル》/《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》

【DM】第4回おやつCS (チーム戦)

参加人数 64チーム(192人)
大会形式 予選はスイスドロー4開戦
使用デッキ ヤナー(黒緑速攻)、とーあ(ザビミラキリコ)、同盟長PG(黒緑速攻)


■1戦目 チーム名 仔
黒緑 ○ (チーム2-1)

先行ボンスラスタート。相手ポレゴンスタートから始まり相手キリン連打をキリン、マーチで処理してお互い数を並べあい、お互いキリン、パワードホールトップで負けの状態が続く。
最後のターン相手ブレイクでキン来てギリ勝ち


■2戦目 チーム名 一発ツモ
キリコ ○(チーム1-2)

ナス+モスキート→パワードホール地男の関→ナスマーチで勝ち


■3戦目 チーム名 チームユーキング★
キリコ ○ (チーム2-1)

ナスロンリー→パワードホール地男の関でスロチェ踏む→ボンスラ追加→返しでキリコ出るが出がハバキ、アマテ、ジオブロンズ。途中ロマネ出すために紋章使ったからキリコが回らず返しで勝ち


■4戦目 チーム名 Lipton愛好会
NX × (チーム1-2)

2ターンナススタートするが緑落ちて1コス動けない。返しにパワードホール打って地男の関追加するが無情にもトリガーサーファー
再びパワードホール打って地男の関追加するが再びサーファー。
返しにリュウセイ来て負け。

個人は3-1と頑張るがチームは2-2と無残な結果に終わり予選落ち…
最後試合も勝ってれば予選抜けれたから肝心なところでサポートできてないのがダメだったな…
チーム戦自体は良い試みだと思うからこれからもっと普及して欲しいな
プロフィール

やなー

Author:やなー
名古屋在住のDM、WS、遊戯プレイヤーです。
リンクは自由ですがする場合はコメントをよろしくお願いします。

twitter
    follow me on Twitter
    リンク
    最近のコメント
    カテゴリー
    FC2カウンター
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。