【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 サイドデッキ編

まずは先日の記事からです。

デッキレシピ~リクルクリス~

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 モンスター編

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 魔法編

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 罠編

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 エクストラデッキ編


~サイドデッキ~

●サイクロン
相手の《暗黒界の門》を割ったり《ソウルドレイン》割ったり次元系統を割ったりと永続メタ。
他にもバックが暑いデッキにも増量かね。

●強制転移
メインから2枚入ってますがサイドにも1枚。
初動から大型モンスターを展開してくる相手(ガジェット、ドラグニティ等)に追加で1枚増やします。
メインデッキで2枚なのは相手によっては大型モンスターを展開しないデッキがあったりするため。

● 昇霊術師ジョウゲン
ゼンマイメタ。他にも先行から特殊召喚を多用するデッキに。昔はこれでインフェルニティの《氷結界の龍トリシューラ》3体を破壊したのも過去の話。
リクルーターからサーチが可能なため1枚でも必要なときに持ってくることが可能です。

●プロトサイバー・ドラゴン
ガジェットメタ。このデッキでは元々《サイバー・ドラゴン》が3枚入っている為相性的には不利ではないですがリクルーターからサーチ可能、《強制転移》で奪った《ギアギガントX》からサーチが可能だったりと回りとのシナジーが良いので投入

●ライトレイ・ダイダロス
暗黒界メタ他フィールド魔法系デッキメタ。
今の所1回も出していないため強いのかは分からないけれども出せれば相手の《暗黒界の門》破壊しつつ1:3交換という爆アド取れるので多分強い。
…強いよね?

●聖なるあかり
暗黒界メタ《暗黒界の龍神グラファ》が数枚墓地に落ちたあとに出せれば相手対処できないよね?ってことで。
リクルーター対応のメタモンスターは枚数少なくても機能しやすいですね

●次元幽閉
まずは暗黒界メタ。他にもラビット系統(ラギア、ヴェルズ系統)にはサイドから投入します。
1:1交換は使いやすいよね。

●群雄割拠
対水精鱗、ゼンマイに
このデッキも種族がばらけているデッキですが天使族のモンスター中心で動くのでプレイングと状況しだいで全然動けます。

●スキルドレイン
対ガジェット、ゼンマイに。リクルーターは墓地で発動する効果なので問題なく機能します。
ライフ出費は地味に辛いのでそこだけは頭に入れながらプレイしていきましょう。

●盗賊の七つ道具
無効化したいカードとしては《ソウルドレイン》、《マクロコスモス》、《魔のデッキ破壊ウィルス》辺り。
しかし…何だかねぇ…環境に罠系デッキが少ない為微妙…
《アビスフィアー》止めたところでねぇ






スポンサーサイト

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 エクストラデッキ編

まずは先日の記事からです。

デッキレシピ~リクルクリス~

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 モンスター編

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 魔法編

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 罠編



~エクストラデッキ~

●キメラテック・フォートレス・ドラゴン 2
まずはガジェットメタ。このデッキにはメインデッキに《サイバー・ドラゴン》3枚とサイドデッキに《プロト・サイバー・ドラゴン》1枚の合計4枚が入っており相手の《ギアギガント X》を返しで対処することを意識しています。
またこのデッキでは《強制転移》が入っているため相手に《サイバー・ドラゴン》を送り付け、自分の機械族モンスターと融合しこのカードを召喚するのでこの枚数となります。

●セイクリット・オメガ
《禁じられた聖槍》を内蔵したエクシーズモンスター。
《オネスト》に対応しMF中にオーバーレイユニットを取り除き、《大天使クリスティア》の墓地調整にも使用できます。

●輝光子パラディオス
オーバーレイユニットを2つ外し、相手モンスター1体の攻撃力を0にできます。
こいつのメリットはオーバーレイユニットを2つ取り除く事これにより場にいる天使族モンスターを墓地に遅れることとなります。
また相手によって破壊されれば1枚ドローすることができる為アドバンテージの損失が発生しにくいモンスターとなります。

●セイクリット・トレミスM7
基本的には《セイクリット・オメガ》に重ねるのが基本。
今の所1回も出してないけれども多分必要なカード。
《オネスト》回収できるとおいしいかも

●No.39 希望皇ホープ
まず第一に光属性。そして比較的打点も高く安定感はある。
リクルーターから出した《オネスト》を守れると美味しいかも

●CNo.39 希望皇ホープレイ
まぁライフ消費も激しいデッキしコントロール奪取系カードで《No.39 希望皇ホープ》を奪う可能性がある為投入

●迅雷の騎士ガイアドラグーン
さっきのと同じくコントロール奪取系カードから出す可能性があるのが第一。
第二に一応《No.61 ヴォルカザウルス》が入っているため効果起動で盤面を空けこのカードを重ねる可能性があるというのが理由ですね。

●ダイガスタ・エメラル
基本的に使用するのは墓地のカードを戻し、ドローする効果になります。
このカードの登場により墓地の天使族モンスターが5枚以上になったりリクルーターが尽きてしまうといった事を減らせます。

●ガガガガンマン
ランク4で高打点モンスターを除去する場合このカードで実質3400打点を作るor《輝光子パラディオス》で攻撃力を0にするかの2択となります。
地味ながら800バーンをも勝利手段を増やすのに貢献しています。

●ラヴァルバル・チェイン
主に手札に《大天使クリスティア》がある場合の墓地調整となります。
また、墓地の天使の枚数が準備できている場合なら《大天使クリスティア》をデッキトップへ持ってくることができますね。

● 交響魔人マエストローク
ランク4の破壊耐性持ち言ったらこれ。地味に悪魔族なので相手の《暗黒界の門》でパンプされるのもお忘れなく。
また守備表示に変更する効果により相手モンスターを戦闘破壊しやすくなるのも意識しておきましょう。

● No.61 ヴォルカザウルス
出せるパターンは《サイバー・ドラゴン》×2か《サイバー・ドラゴン》+《太陽の神官》のパターンです。
基本的に《太陽の神官》はリクルーターから召喚するのが基本となるのでMF2での破壊効果が噛み合います。
勝ちに繋がるカードは多い方がいいですよね。

●No. 50 ブラック・コーン号
基本的には対処しづらい壁モンスターを処理します。
《 発条機雷ゼンマイン 》は機械族だから融合できるけど《ガチガチガンテツ》等は処理するのが難しいので

●スターダスト・ドラゴン
《スターライト・ロード》が入ってるから入ってます。シンクロ出来ないけど出せるし。
シンクロも大分衰退しましたよね。


【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 罠編


まずは先日の記事からです。

デッキレシピ~リクルクリス~

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 モンスター編

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 魔法編





~罠~
●神の警告
ぶっちゃけこのデッキではあまり強くないです。
理由としてはリクルーターの自爆特攻が多くライフの出費がかさむこと、折角召喚権を消費させるにしてもこっちのモンスターの打点が低く、2000ライフポイントの消費に見合う効果的な使い方がしづらい事、そもそも相手のモンスターがいないと《サイバー・ドラゴン》、リクルーターを効果的に機能させづらいと言う事がある為あまり適当に使用していけるものではありません。
《聖なるバリア-ミラーフォース》や《次元幽閉》等の攻撃反応系罠にしようかと検討中です。

●神の宣告
最強のカウンター罠。さっきはライフ出費がかさむため《神の警告》は微妙。と言いましたがこのカードは違います。ライフを半分支払ってでも守らなければならないものがあるのです。
とはいえ相変わらずライフ出費は痛いので本当に止めなければならないものだけカウンターしましょうね。適当に使うにはもったいないカードです。

●奈落の落とし穴
《暗黒界の龍神グラファ》除外ウマー
このカードで対処できないモンスターはリクルーターで処理できるステータスのモンスターなのでこのデッキとはなかなか相性がいいです。
基本的に小型モンスターはリクルーター、大型モンスターはこのカード、どうしても止めないといけない下級モンスターに《神の警告》と言うように使い分けれるとベストです。

●激流葬
リクルーター、《サイバー・ドラゴン》とは相性が悪くいですが相手の大量展開に対する返し性能が高くないのでこのカードに頼るしか無い状態です。
またこのデッキで貴重なアドバンテージを確保できるカードです。
また地味ながら自分の天使族モンスターの召喚時にこのカードを使用し墓地調整を行いながら《大天使クリスティア》の墓地調整を行うこともあります。(それに気付かなければ多分積んでなかった…)

●強制脱出装置
基本的にエクストラデッキから出てくるエクシーズ、シンクロ、融合モンスターに打っていきたいカード。アドバンテージ的にはマイナスになりますがリクルーターの自爆特攻から《オネスト》を召喚しこのカードでバウンス、手札の《オネスト》を使用し相手モンスターを処理する。という使い方も一応できます。(公認大会で《ロードブリティッシュ》で先頭破壊するために1度使った)
またフリーチェーンなので自分のモンスターの破壊にチェーンし使用する事もあります。盤面、状況を良く見極め、効果的に使用していきましょう。

●リビングデットの呼び声
このデッキでは前述したように蘇生系カードと
相性が良いのだが《死者蘇生》と違い、相手ターン中にモンスターを蘇生出来ることがリクルーター等と相性がよく
リクルーターを召喚し、壁として運用する。
《ライオウ》を蘇生し相手のサーチカードを無効化。
《クリッター》を召喚し壁として運用しつつサーチを行う。
エクシーズ召喚のサポート
《オネスト》を蘇生し、効果を使用する事で回収
《大天使クリスティア》の墓地調整
が行える。

●スターライト・ロード
相手の《激流葬》、《大嵐》に対しシンクロするのがメジャー。
《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚し、リクルーターを通常召喚するのが基本的な動きとなるのでその行動に対する牽制的な意味合いが大きいですね。

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 魔法編

まずは先日記事からです。

デッキレシピ~リクルクリス~

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 モンスター編




~魔法~
●強制転移
リクルーター、《クリッター》を送りつけてウマーってするカード。
《サイバー・ドラゴン》を送りつけて機械族モンスターを召喚すれば除去になるのをお忘れなく。
《ロードブリティッシュ》がある場合は《シャインエンジェル》を守備表示で送りつけ、戦闘破壊しトークンを生成しながらビートするプレイングを取れたりするのも覚えておきましょう。

●強欲で謙虚な壺
まぁ基本的にはメタビに分類されるデッキなのでね。
地味に特殊召喚出来ない制約がきついタイミングがあるけれどもプレイングでどうにかできる範疇でしょう。

●サイクロン
最近は永続魔法、永続罠、フィールド魔法でアドバンテージ取るデッキが増えてきましたよね。
上記のカードに対するメタとして運用しつつ《大天使クリスティア》の召喚を塞がれないように運用するのが目的となります。

●大嵐
パワーカードだよね。このデッキでは1:2以上の交換できるカードが存在しないためアドバンテージがプラスになるカードは貴重ですね。
《大天使クリスティア》の召喚は妨害されたくないでござる。

●死者蘇生
モンスターを蘇生することができるのって強いですよね。
墓地超えるのが早いデッキではないですが蘇生して嬉しいモンスター(リクルーター、《ライオウ》、《オネスト》等)が多いのが第一の採用理由。
第二に《大天使クリスティア》の特殊召喚効果の為の墓地調整。このカードがあれば墓地の天使族モンスターが5枚になったとしても特殊召喚が可能となります。
第三に暗黒界メタ。《暗黒界の龍神グラファ》を蘇生することで相手の動きを大きく制限することができます。

●リミッター解除
《ロードブリティッシュ》からのワンキルパーツ+《サイバー・ドラゴン》の戦闘補助。
《サイバー・ドラゴン》に使った場合はMF2で《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に融合できるとなおのこと効果的です。
対象モンスターが4枚しかないですが1種類がリクルート対象、残り3枚がアタッカーなので腐る事は少ないかと思います。

【遊戯王】リクルクリス構築理論 カード解説 モンスター編

まずは先日のデッキレシピです。

デッキレシピ~リクルクリス~

リクルクリス カード解説 モンスター編

●シャインエンジェル
リクルーターでありこのデッキの中心。リクルート対象は《異次元の女戦士》、《オネスト》、《ロードブリティッシュ》、《コーリングノヴァ》の4種類。
壁として運用する場合にはリクルーターを状況に応じてほかのカードをサーチするのが基本です。
相手に《サイバー・ドラゴン》を送り自爆特攻から《ロードブリティッシュ》、MF2で融合し《キメラテックフォートレスドラゴン》に繋げるのは覚えておくと地味に役立ちます。
自爆する場合は墓地の天使族モンスターが4枚になるよう意識しておきましょうね。

●コーリングノヴァ
4枚目以降の《シャインエンジェル》。
出せる範囲が《シャインエンジェル》よりも少なく、基本的には《シャインエンジェル》への繋ぎとして使うことになります。
守備表示で出せるので《オネスト》を壁として使えるのは覚えておきましょう。

●異次元の女戦士
リクル対象モンスターその1
このデッキでリクルート出来るモンスターの中で1番強いであろうモンスター。
相手の壁モンスター《ガチガチガンテツ》、《発条機雷ゼンマイン》をへと特攻し処理できるのが強いです
《暗黒界の龍神グラファ》を除外できると美味しいデース。流石元制限カード。

●オネスト
リクル対象モンスターその2
光属性モンスターサポートとしての最高峰。
このデッキだと《クリッター》、《シャインエンジェル》、《コーリングノヴァ》からのリクルート、サーチ、《死者蘇生》,《リビングデットの呼び声》、《大天使クリスティア》から回収することができ、ほかのデッキに比べて必要な状況に合わせて使用することが出来ます。
《ロードブリティッシュ》+《オネスト》2枚でワンキル(通称オネストバイパー)ができたのは昔の話ですね。一応今でも《リミッター解除》+《オネスト》で可能ですが2枚と3枚の差は大きい…

●ロードブリティッシュ
リクル対象モンスターその3
今の環境で単体で戦闘破壊できるモンスターはそんなに多くなく基本的に他のサポートが前提となります。
多いのはリクルーターを守備表示で《強制転移》で送り付け、戦闘破壊するパターン。
《オネスト》が制限になり強い場面が減りましたがリクルーターから召喚できる機械族モンスターが欲しいので1枚採用です。
《オネスト》2枚時代にはワンキルパーツだったので思い入れがあるから入っているっていうのが大きいかも

●大天使クリスティア
このデッキのフィニッシャー。
このデッキではリクルーターを使用し墓地調整をする事となります。
相手に攻撃力1500以上のモンスターが存在する場合、リクルーターの自爆特攻を繰り返し、このカードを特殊召喚するのがこのデッキの中心となる動きとなります。
エクシーズモンスター登場前と比べ自分の墓地の天使族モンスターの枚数調整が若干用意になり出すこと自体は以前よりも楽になったと言えるでしょう。
出せば勝てる。と言っても過言ではないので出す優先度は非常に高く、墓地に天使族4枚をいかにして貯めるか、が鍵となります。

●サイバー・ドラゴン
主力アタッカー。リクルーターで倒せない壁モンスターを突破するにはこれ。召喚権を使わず召喚でき、相手の《ライオウ》をケアしたり、《ギアギガントX》をノーリスクで対象したりと活用の幅は広い。
このカードを特殊召喚し、《強制転移》で相手に送りつけ、自分のリクルーターの自爆を繰り返し、墓地の天使族モンスターを調整し最後に《ロードブリティッシュ》。MF2で融合し、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を出し処理する方法があるので覚えておくと使うタイミングがあるかも知れません。

●ライオウ
主力アタッカーその2。《オネスト》、《リビングデットの呼び声》とシナジーするし現状光属性下級モンスターの中で1番強いであろうモンスター。
いや、メタ範囲広くて本当に強いね。

●太陽の神官
《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚、その後リクルーターを通常召喚し、相手に自爆特攻。効果でこのカードを召喚し、《サイバー・ドラゴン》で戦闘破壊。MF2でエクシーズし、《ヴォルカザウルス》を出し効果で破壊+バーンってのがやりたいだけ。強いかはまだ試せてないから分からないですけど勝つ手段は多い方がいいよね、うん。

●クリッター
《ライオウ》アンチシナジーだけど《リビングデットの呼び声》、《強制転移》が噛み合う。
まずサーチしたいのは《オネスト》次にサーチしたいのはリクルーター。まぁ無難に強いですね。

●先史遺産ゴールデン・シャトル
実は今《太陽の神官》よりもこっちの方が強いのではないか?と思ってます。
理由としては第一にリクル対応のステータス
第二にレベル4と5に変更ができるためエクシーズに使用しやすい
第三に横に《サイバー・ドラゴン》がいる場合でも召喚可能
の3つですね。なにより《サイバー・ドラゴン》が横にいる場合でも通常召喚しレベル上昇効果からランク5エクシーズを行えるのは高評価。
《セイクリット・プレアデス》と《No.61 ヴォルカザウルス》を使い分け、場合によってはランク4エクシーズも可能なのはひょっとしたら強いんじゃないの?って訳です。
プロフィール

やなー

Author:やなー
名古屋在住のDM、WS、遊戯プレイヤーです。
リンクは自由ですがする場合はコメントをよろしくお願いします。

twitter
    follow me on Twitter
    リンク
    最近のコメント
    カテゴリー
    FC2カウンター
    ブログ内検索